液晶技術

液晶技術

液晶とは

LCOS principle 一般的に、物質の状態は温度が上昇するにつれて固体、液体、気体の3様態をとります。しかし、ある物質は固体と液体の中間の相をとることが1888年にオーストラリアの植物学者F. ライニッツァーによって発見されました。この中間相では、物質の様態が液体であるにも拘らず固体結晶に見られる光学異方性を示すことから、液体結晶、略して液晶と呼ばれるようになりました。液晶の分子は棒状の形状をしており、固体と違って分子の位置は不規則ですが、その向きは長軸方向に平行に並んでいます。液晶には誘電率異方性と呼ばれる性質があり、電場の中に置かれると電場と平行に分子が並ぶ特徴があります。

今日、液晶の応用として身近となっている液晶プロジェクタ、ディスプレイはこの性質を利用して光を遮断したり透過させたりする事によって表示をおこなっています。




santecの液晶技術

LCOS Mass Production santecでは光応用製品を支えるコア技術として液晶素子の開発製造を行っております。8 inchウェハー対応の製造設備、VA(Vertical alignment)モードによる広視野角と高いコントラスト比、無機配向膜による高い信頼性が特徴です。

以下に私達のこれまでの取り組みの一部をご紹介致します。







LCOS

LCOS ComponentLCOS(Liquid crystal on silicon)は液晶プロジェクタ、リアプロジェクションテレビに使われる、マイクロプロジェクションないしマイクロディスプレイ技術です。

シリコン基板の上に反射層と液晶を形成した反射型の液晶表示パネルで、液晶を駆動するための配線部やスイッチング素子は反射層の下側のSi基板上に半導体製造技術により作製するため、継ぎ目のないシームレス性と高い解像度が特徴です。サンテックでは解像度でWXGA(1280×768ドット)に対応するLCOS素子を開発しており、ヘッドマウントディスプレイ、ホログラフィックメモリ等様々な応用分野への展開が期待できます。

LCOS Performances
learn_more_text




光通信用液晶素子

LCOS 外部電場により誘電率異方性が変化する液晶の特徴を利用すると、光の位相、振幅を自由に制御することが可能です。この制御性に着目し、サンテックでは液晶を応用した各種光通信用部品、測定器の開発を進めております。サンテックの光通信用液晶素子はTelcordia規格に準拠した優れた信頼性を有しております。

波長ブロッカーは次世代光ネットワークのROADM(Reconfigurable optical add/drop multiplexer)ノードを構成するための光機能モジュールです。入力されたそれぞれの多波長光信号を任意の強度で出力、もしくは遮断する機能を有しており、光強度制御に光信号波長数に相当する数のセグメント電極を持つ反射型液晶素子を使用しています。



LCOS_products



LCOS_graph

次世代ネットワークの光通信で必要となる複雑な波長特性の光フィルタにおいて、従来の光技術では不可能であった、対象光信号に応じて波長やスペクトル形状を任意に変えることが出来るスペクトル可変光フィルタをLCOS技術を応用して実現致しました。ここで使用したLCOS素子のピクセルピッチ、ピクセル幅、ピクセル数はそれぞれ5m、4.7m、2560、液晶駆動電圧階調は12ビット階調で光フィルタの高分解能化に貢献しています。

LCOS_SCTFLCOS_SCTF_graph



私達は液晶技術を用いた独自の光製品開発を通じて社会に貢献していきます。