グリーン調達指針

グリーン調達指針

目 的

santec株式会社は、事業活動を通じて環境との調和を図り、事業活動が環境に与えている負荷を軽減する施策を推進して参ります。その一環として、弊社が調達する物品において、

(1) 「品質」、「価格」、「納期」等に加え「環境性」を考慮し、より環境への負荷が少ない物品

(2) 環境保全活動を積極的に推進している取引先様から優先的に購買

上記内容を前提とした「グリーン購買」を推進します。


適 用

本指針は、santec株式会社がお取引先様から納入していただきます弊社製品(商品、OEM※品等を含む)を構成する全ての部品・材料(付属品等を含む)、副資材(はんだ材、接着剤、洗浄剤等各種溶剤)、および包装・梱包材(以下、総称して「納入部材」という)、また納入部材の製造工程において使用する部材に適用します。

(※OEM :Original Equipment Manufacturing:完成品の委託生産品、「santec株式会社」ブランドで販売する製品等)


環境管理体制の整備

お取引先様におかれましては、次項の「環境管理体制の整備」に努めて下さい。

(1) ISO14001等の環境マネジメントシステムを構築している。あるいは、第三者認証の取得に向けて準備を進めている。

(2) ISO14001等の環境マネジメントシステムの認証を取得する予定はないが、自社方針として環境保全活動に取り組んでいる。


納入部材への環境配慮

納入部材は、品質・信頼性、仕様・機能、価格、納期、サービス、技術開発力などに加え、次のような環境負荷の低減に配慮されているものを優先的にお取引させていただきます。

(1) 化学物質

  • 納入部材は、国内の法律に定める「禁止物質」を含有していない。また、製造工程においても「禁止物質」を使用していない。また、それを確実にする品質保証体制を確立している。  ※代替物質のないものは除く。
  • 納入部材は、別途定める「制限物質」、「管理物質」の含有量、部位等を適正に管理している。
  • 納入部材に関して要請があれば、別途定める「制限物質」、「管理物質」の含有量・部位等の情報を提供できる。

(2) 法規制等の遵守

  • 納入部材は、再生資源ならびにエネルギー等の国内の環境法規制等に適合している。
  • 納入部材は、廃棄時において有害化学物質、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染等の発生が少ない。
  • 納入部材は、騒音、振動、悪臭等の発生が少ない。

(3) 省エネルギー・省資源・リサイクル

  • 納入部材は、再生資源・部品の使用や小型化等により省資源化や省エネルギー化が図られている。
  • 納入部材は、リサイクル設計がされている。

(4) 包装・梱包

  • 納入部材は、その包装材については省資源、リサイクル、減量および化学物質の含有量の削減等が図られている。

(5) 情報提供

  • 納入部材は、環境情報が開示されている。もしくは含有物質の詳細情報が開示可能である。


納入品に関する環境情報提供のお願い

santecでは、お取引先様からの購入品について含有化学物質調査および、RoHSおよびWEEE指令等への対応調査を実施させていただいております。
ご協力の程、よろしくお願い致します。


紛争鉱物問題への対応

santecでは、紛争鉱物問題への対応を企業の社会的責任を果たす上での重要な課題としてとらえ、お取引先様と連携を取りながら、この問題に対して真摯に取り組んで参ります。

※「紛争鉱物」とは
採掘や取引を通じて紛争の資金源となっているような鉱物、あるいは、人権侵害、労働問題等に関連している鉱物を調達しない取り組みの事で、2010 年7月米国で成立した法律「金融規制改革法」(ドッド・フランク法)において定められた紛争地域におけるタンタル、スズ、タングステン、金などの紛争鉱物 に対する取り組みも含みます。


その他

本指針等、法規制や社会情勢の動向などにより改訂することがあります。