TSL-770

TSL-770

New! 波長可変光源 (フラッグシップ(第7世代)モデル)

TSL-770
santec株式会社(本社 愛知県小牧市)は、1987年に世界で初めて通信帯における半導体レーザを用いた単一縦モード発振の外部共振器型波長可変レーザ装置を製品化しました。以来今日までの30年の経験と実績をベースにこの度第7世代となる高性能・高速波長可変レーザを開発しました。 レーザ共振器および制御回路を完全に新設計することで、従来比2倍の高速性、1.5倍の広帯域スキャンが可能となり、かつ狭スペクトル線幅と低ノイズ化を実現しました。

 

コストパフォーマンスの高い光源をお求めの方はこちらへ⇒TSL-550

プレミアムモデルはこちらへ⇒TSL-710

 

TSL-770 Introduction video

 

概要

本製品は1250-1650nmの広範囲から最大200nmを選択可能で、測定のスループット、精度を向上させることができます。これにより評価現場、R&D、基礎研究など様々なアプリケーションで理想的なツールとなっております。 また、光学系の振動対策、制御系のノイズ低減により外部共振器型波長可変光源の特長である非常に高いQ値特性を活かした狭スペクトル線幅と、高周波数安定度の両立を実現したことにより、シリコンフォトニクス等、非常に高い周波数精度を求められる最先端の研究分野でもご利用いただけます。

 

特徴

  • Maximum 200nm tuning range within 1250-1650nm
  • Mode-hop-free with rapid sweeps up to 200nm/s sweeps
  • High output power +13dBm
  • High signal-to noise ratio 90dB/0.1nm
  • High wavelength accuracy 0.3pm(typ.)
  • Narrow linewidth <60kHz

 

アプリケーション&応用例

アプリケーション
  • Optical component & photonics material characterization
  • Fiber optic transmission testing (Carrier LD, Local oscillator, etc.)
  • Interferometry, Spectroscopy, Metrology (OFDR, Gas sensing, Teraheltz, etc.)

 

特性

Wide tuning range

TSL-770_Widetuningrange

High SN/High power

TSL-770_HighSNHighpower

Narrow Linewidth

TSL-770_NarrowLinewidth

 

関連製品

TSL-710

波長可変光源 TSL-710

高出力と高い信号対雑音比を両立させたsantecのプレミアムモデル learn_more_text


TSL-550

波長可変光源 TSL-550

広帯域可変が可能なsantecのマーケットリーダーモデル learn_more_text


 Full-band TSL

Full-band TSL

1260-1680nm(O-band~U-band)の超広帯域な高性能波長可変光源システム learn_more_text


SweptTestSystem

Swept Test System

高速、高精度および高分解能に光デバイスのWDL/PDL評価が可能なシステム learn_more_text


MPM-200/MPM-10

MPM-200/MPM-10

最大20portまで搭載可能なマルチ光パワーメータ learn_more_text

 
 

 

お問い合わせフォーム