高出力レーザー向けLCOS型空間光変調器(型式:SLM-300)を開発

高出力レーザー向けLCOS型空間光変調器(型式:SLM-300)を開発

contact

 

 

santec株式会社(本社 愛知県小牧市)は液晶及び、放熱構造を最適化した世界最高レベルの高出力レーザー向け空間光変調器(製品型式:SLM-300)を開発しました。当社従来比100倍の200W(ワット)クラスの高出力レーザーにご利用頂けるLCOS型空間光変調器です。水冷ヒートシンクを備えたLCOSヘッドを採用しており、対応波長は532nm、800nm、1064nmの3波長となります。これによりレーザー加工、3Dプリンター、IC用レーザートリミングなど主だった波長帯の高出力レーザーを用いた加工が可能となります。
従来は高出力レーザー照射に伴う高温のため液晶材料が相転移温度を超えて動作不良したり、反射アルミ膜の破壊のため高出力レーザーへの利用が制限されていました。
今回、高温動作に優れた新型液晶材料の導入、高出力レーザー耐性の優れた誘電体多層膜ミラーの導入、そして水冷ヒートシンクの導入により、200Wクラスの高出力レーザーへの利用が実現しました。

尚、本製品は、2019年2月2日から米国・サンフランシスコで開催されるBiOS/Photonics West 2019、当社ブース番号#8762に出展されます。

製品名:    LCOS型空間光変調器
製品型式: SLM-300

SLM-300 width=
SLM-300

  • 販売開始日 :2019年4月予定
  • 販売価格 :350万円

(発表日時点での税抜き参考価格です)