MOVUブランドARGOS®、アルコンとの戦略的アライアンス

MOVUブランドARGOS®、アルコンとの戦略的アライアンス

santec株式会社(本社:愛知県小牧市大草年上坂5823、以下「当社」といいます)は、アイケアのグローバルリーダーであるAlcon Inc.(本社:スイス ジュネーブ、以下「アルコン」といいます)とグローバル独占販売代理店契約を締結しました。

アルコンの白内障手術用機器であるVERIONTMイメージガイドシステムとの親和性を追加したSS-OCT バイオメータARGOS® (以下「ARGOS®」といいます)をアルコンが販売することによって、白内障のトータルケアを目指します。

 

Argos_AL Argos_AL

SS-OCT バイオメータARGOS®

 

MOVUとは

MOVUは2014年に立ち上げた当社の医療機器ブランドです。当社が2004年より世界に先駆けて始めたSwept Source OCT(高速波長走査型光コヒーレンストモグラフィ)の開発技術を駆使し、2014年に全眼球を高深度OCT撮影する光学式眼軸長測定装置(バイオメータ)を製品化、2015年10月にFDAを取得しました。ARGOS®は、眼軸長をはじめとするバイオメトリと角膜屈折強度を測定するケラトメトリを含めて9つのパラメータをわずか0.6秒で測定し、さらに進行した混濁眼をも高精度に高確度に測定できます。これによって白内障手術において、術後視力を最大限改善することに貢献しております。

 

ARGOS®とは

 ARGOS®は、従来の高精度かつ高確度な測定機能に加えて、レファレンス画像取得機能を新規追加しました。 

一般的に白内障の治療は白濁した水晶体を摘出し、眼内レンズを埋め込むことによって視力を回復させます。この際、眼内レンズの度数の決定から手術の計画、手術用ビデオ顕微鏡でのガイダンス表示及び術中評価までの一連のワークフローにARGOS®の測定データが使用できるようになりました。乱視矯正用のトーリック眼内レンズなどのプレミアムレンズに必要とされる高精度な度数の選択と、手術時の高精度な調整が可能となります。

 

VERIONTMイメージガイドシステムとは

アルコンのVERIONTMイメージガイドシステムは、術前に測定したデータに基づき白内障手術計画を作成し、手術用装置とリンクしてガイドを術中に提示するシステムです。

 

当社代表取締役社長: 台鎬 のコメント

「当社のOCT技術の活躍の場をさらに拡大できることに大いに期待しています。眼科は当社OCTにとって重要領域であり、アルコンがこの市場で代理店となることは当社にとってもとても意義があることと思っています。」

 

アルコン プレジデント兼グローバル・サージカルフランチャイズ ゼネラルマネジャー:ジャネット・バンクス氏のコメント

「アルコンの白内障手術用装置の技術にsantecのARGOS®が統合されることを非常に嬉しく思っています。検査から手術までのワークフローが効率化され、患者様の情報を入力することで起こりうるエラーが軽減されることにより、術後結果の向上が期待できます。」

 

今後の予定

アルコンの白内障手術用製品ラインナップに加わったARGOS®は、CEマーク、国内薬事の認証を得ており、2019年後半から日本国内、ヨーロッパを含む一部地域から順次販売開始される予定です。米国FDAは、現在認証審査中です。