TOP > 製品一覧 > 光測定器 > 波長可変フィルタ

nnovation since 1979

波長可変フィルタ

当社ではグレーティングを用いたトップフラット型と誘電体多層膜フィルタを利用したガウシアン型の異なる2つのフィルタプロファイルを持つ波長可変光フィルタを取り揃えております。通信機能を搭載した電動タイプと手動タイプからお選びいただけ、研究開発から生産現場まで幅広くサポートしております。

波長可変フィルタ一覧表

Product Code Product Image Filter Profile Filter Slope Control Wavelength Bandwidth
OTF-980
OTF-980
Top flat 1000 dB/nm Programmable
Touch screen
C&L-band /85 nm Tunable
OTF-350
OTF-350
Top flat 400 dB/nm Manual C&L-band /80 nm*
O-band /40 nm
Tunable
OTF-930
OTF-930
Gaussian - Programmable C&L-band /80 nm*
O-band /80 nm
Fixed/Select
OTF-320
OTF-320
Gaussian - Manual C&L-band /80 nm
C-band /40 nm
L-band /40 nm*
O-band /40 nm
Fixed/Select

フィルタ形状可変のフラッグシップモデル

OTF-980

透過波長と帯域幅を可変できるプログラマブル光フィルタ

  • 中心波長と透過帯域幅をそれぞれ独立して変更可能
  • 非常に急峻なフィルタスロープ 1000 dB/nm
  • ピークサーチ機能搭載
OTF-980


お問い合わせフォーム

OTF-980は、C&L-bandの広帯域波長可変範囲を持ち、透過帯域幅はスロープ形状の異なる3つのタイプをラインナップに揃えています。その中でも、Ultrafine-Plusタイプは最も急峻なフィルタスロープ1000 dB/nmを備えています。また、内蔵するパワーモニタと優れたピークサーチアルゴリズムにより、フィルタ中心波長を入力信号波長へ自動的に設定が可能です。SCPI準拠の外部通信コマンドをGPIB、EthernetとUSBにてサポートしており、リモートコントロールやプログラミングによる自動計測が可能です。また、本製品はフロントパネルのタッチスクリーンにおいても制御可能となっております。

  • 中心波長と透過帯域幅をそれぞれ独立して変更可能
  • 非常に急峻なフィルタスロープを持つ帯域可変可能なフラットトップフィルタ:
      Ultrafine-Plus: 0.05 to 3 nm, 1000 dB/nm
      Ultrafine: 0.08 to 4 nm, 500 dB/nm
      Standard: 0.1 to 15 nm, 200 dB/nm
  • 波長可変範囲: C&L-band 85 nm
  • ピークサーチ機能
  • タッチスクリーン、GPIB/Ethernet/USBインターフェース
Filter profile
  • 100 Gb/s, 400 Gbp/s 伝送テスト
  • DWDM信号の波長選択、OFDM狭帯域フィルタリング
  • ASE光雑音抑圧
  • 次世代光波長クロスコネクト
 
Category
Parameter
Unit
Standard
Ultrafine
Ultrafine-Plus
Wavelength Characteristics Wavelength range
nm
1525 to 1610
Accuracy
nm
± 0.05 (typ.± 0.03)
Repeatability *1
nm
± 0.01 (typ.± 0.005 *4)
Setting Resolution
nm
0.001
Filter Bandwidth @- 3 dB
nm
0.1 to 15
0.08 to 4
0.05 to 3
Accuracy
nm
± 0.05 (typ.± 0.03)
Repeatability *1
nm
± 0.01
Setting Resolution
nm
0.001
Filter slope *2 (typ.)
dB/nm
200
500
1000
Power Characteristics Maximum Input Power *3
dBm
+ 27
Insertion Loss Bandwidth ≧ 0.2 nm
dB
*5, 6 (typ. 3.5)
*5, 7 (typ. 5)
Bandwidth < 0.2 nm
dB
*5, 6 (typ. 5.5)
*5, 7 (typ. 7)
Crosstalk (typ.)
dB
50
Polarization Dependent Loss (typ.)
dB
0.2
Peak Search Function (Option)
Yes
Interface Communication
GP-IB (IEEE488.2), USB & Ethernet
Display  
5.6 inch resistive touch-screen (res. 640×480)
Optical Fiber  
SMF
Optical Connector  
FC or SC
Optical Polish  
SPC or APC (Angled PC)
Environmental Conditions Operating Temperature
degC
15 to 35
Operating Humidity
%
< 80
Power Supply Voltage
V
AC100 to 240 ± 10 %
Frequency
Hz
50 / 60
Power Consumption
VA
100
Others Dimensions (W) x (D) x (H)
mm
210 x 350 x 133
Weight
kg
8.5

*1: Temperature 25 ± 1 ℃
*2: Between - 3 and - 40 dB for Bandwidth@ - 3 dB > 0.2 nm
*3: In case of peak search option, input power range is available from - 30 dBm to + 20 dBm.
*4: When using peak search function, the wavelength repeatability improves to ± 0.005 nm (typ.).
*5: In case of peak search option, the insertion loss increases by 0.5 dB
*6: The insertion loss at (1525 nm to 1530 nm) wavelength range may increase by 1 dB.
*7: The insertion loss at (1525 nm to 1530 nm) wavelength range may increase by 0.5 dB.

- 製品カタログ -

OTF-980 (English) OTF-980 (日本語)

- 製品マニュアル -

製品マニュアルは、こちらからダウンロード頂けます。

- ソフトウェア -

製品ドライブ及びサンプルソフトは、こちらからダウンロード頂けます。

ガウシアン形状のベーシックモデル

OTF-930

豊富なフィルタラインナップのプログラマブル光フィルタ

  • 低PDL(< 0.1 dB) & 低PMD(< 0.1 ps)
  • 80 nm可変、0.01 nm分解能
  • ピークサーチ機能搭載
OTF-930


お問い合わせフォーム

OTF-930は、様々なフィルタプロファイルを持つ光フィルタを最大3枚 カスケードマウント(Filter structure S1、S2、S3)することで用途に合わせ透過特性を選択することが出来る波長可変フィルタです。リニアスライド方式による80 nm連続波長可変と低PDL (< 0.1 dB)、低PMD (< 0.1 ps)の特長を持っています。また、GPIB及びRS-232Cインターフェースを標準装備しており、外部からリモート制御することが可能です。

  • 低挿入損失
  • 80 nm連続可変
  • 低PDL (< 0.1 dB)&低PMD (< 0.1 ps)
  • 0.01 nm分解能
  • GPIBサポート

波長可変光フィルタ フィルタセレクション

- 3 dB幅 :0.8 nm to 1.0 nmの場合
※下記の例は規定された以外の仕様を保証するものではありません

08S1,12S2 Filter Characteristics(@1550 nm)
08S1, 12S2 Filter Characteristics

フィルタタイプ
= 08S1 または 12S2

08S1
- 3 dB幅 0.9 nm
- 10 dB幅 2.8 nm
- 20 dB幅

12S2
- 3 dB幅 0.9 nm
- 10 dB幅 2.0 nm

12 Filter Profile
Filter profile 12

波長分散・郡遅延量測定例[12S2、1550 nm]

波長分散の波長依存性

  • 1530 nm + 4.0 ps/nm - 4.5 ps/nm
  • 1550 nm + 5.0 ps/nm - 5.0 ps/nm
  • 1570 nm + 5.0 ps/nm - 5.0 ps/nm
Wavelength
  • 光信号のノイズカット
    光アンプでは信号光の増幅と共にアンプのノイズも付加されるため、その余分なASE (自然放出光成分)を カットしS/Nを向上させます。主にBandwidth@ - 3 dBが1.0 nm程度のフィルタが利用されています。
  • 波長多重された光信号の波長選択
    波長多重された光信号から必要な光信号を選択透過させます。この場合、近接した光信号をできるだけカットする必要がありますので、狭帯域でシャープな特性を有するBandwidth@ - 3 dBが0.3 to 0.6 nmのマルチステージフィルタが最適です。
  • ブロードバンド光源と組み合わせたインコヒーレント波長可変光源
    ブロードな光源に波長可変光フィルタを組み合わせると波長可変光源として利用できます。絶対出力は- 20 to 30 dBm程度となりますが、干渉による光強度の影響が受けにくい特長があります。

使用例 光通信用トランシーバの信号劣化耐力の確認

使用例 光通信用トランシーバの信号劣化耐力の確認
Filter Structure
Filter profile 12

Filter Selections

Filter type
03
04
06
Filter structure
S1
S2
S3
S1
S2
S3
S1
S2
S3
Bandwidth @ -3dB (nm)
0.4 ± 0.1
0.3 ± 0.1
0.25 ± 0.1
0.5 ± 0.1
0.35 ± 0.1
0.3 ± 0.1
0.7 ± 0.1
0.5 ± 0.1
0.4 ± 0.1
Bandwidth @ -20dB (nm)(Typ.)
< 3.8
< 1.5
< 1.2
< 5.0
< 1.7
< 1.2
< 7.5
< 2.4
< 1.5
Insertion Loss (dB)
3.5
6
7.5
3
5
6.5
2.5
3
4
Chromatic dispersion
(ps/nm)(Typ.)
23
- 19
33.5
- 31.5
35
- 23
18
- 12.5
21.5
- 17.5
26
- 17
6.5
- 6.5
14.5
- 11
26.5
- 17.5
Filter type
08
12
24
Filter structure
S1
S2
S3
S1
S2
S3
S1
S2
S3
Bandwidth @ -3dB (nm)
0.95 ± 0.1
0.65 ± 0.1
0.5 ± 0.1
1.3 ± 0.1
0.9 ± 0.1
0.7 ± 0.1
2.9 ± 0.3
1.95 ± 0.3
1.5 ± 0.3
Bandwidth @ -20dB
(nm)(Typ.)
< 9.8
< 3.0
< 2.2
< 15.0
< 4.5
< 3.0
< 32.0
< 10.0
< 6.5
Insertion Loss (dB)
2
3
3.5
2
2.5
3
2.5
2.5
2.5
Chromatic dispersion
(ps/nm)(Typ.)
7
- 7
8
- 5
12
- 10.5
3.5
- 4
5
- 5
8
- 5.5
3.5
- 3.5
3.5
- 3.5
3.5
- 3.5
Filter type
05(1500-1630nm)
12(1270-1350nm)
50
Filter structure
S1
S2
S3
S1
S2
S3
S1
Bandwidth @ -3dB (nm)
0.5 ± 0.1
0.35 ± 0.1
0.3 ± 0.1
1.3 ± 0.15
0.9 ± 0.1
0.7 ± 0.1
5.5 ± 1.0
Bandwidth @ -20dB (nm)
< 5.0
< 1.7
< 1.2
< 15.0
< 4.5
< 3.0
< 60(Typ.)
Insertion Loss (dB)
4.5 * 1
6.5 * 1
8 * 1
3
3.5
4
2.9
Chromatic dispersion
(ps/nm) (typ.)
18
- 12.5
21.5
- 17.5
26
- 17
3.5
- 4
5
- 5
8
- 5.5

Category
Parameter
Unit
Spec
Notes
Wavelength Characteristics Tuning Range
nm
1530 to 1610
1500 to 1630
(05 bandwidth)
1270 to 1350
(12 bandwidth)
 
Resolution
nm
0.01
Mechanical resolution
Accuracy
nm
<± 0.1, <± 0.15(24), <± 0.2(50)
 
Repeatability
nm
<± 0.05, <± 0.1(50)
n=50/Measured at center wavelength of slider
Temperature Stability
pm/℃
2
 
Power Characteristics PDL(SMF)
dB
0.2
Filter Structure(S2) and (S3)
Insertion Loss *1
dB
  Refer to “Filter Selections”(Typ.)
Return loss *1
dB
> 45
 
Power Monitor Relative Accuracy
dB
<± 0.1
Output Power : - 20 to + 10 dBm
Max Rating Maximum Input Power
dBm
+ 20
Damage Threshold
PMD PMD
ps
< 0.1
Design guaranteed performance
Environmental Conditions Operating Temperature
20 to 30
 
Operating Humidity
%
< 80 RH
Non condensing
Interface Optical Fiber
SMF or PMF *2
 
Optical Connector
FC or SC
 
Connector Polish
SPC or APC
*3
Power supply Communication Interface
GPIB(IEEE-488) & RS-232C
 
Voltage
V
AC 100 to 240
 
Frequency
Hz
50 / 60
 
Dimensions Power Consumption
VA
35@230 to 240 V
30@100 to 120 V
 
W x D x H
mm
210 x 300 x 80
 
Weight
kg
4
 

*1:In case of PMF, the insertion loss increases by 1.0 dB
*2:In case of PMF, Polarization extinction ratio 20 dB (typical), Polarization axis in alignment with connector key
*3:SPC = Super Physical Contact, APC = Angled Physical Contact

- 製品カタログ -

OTF-930 (English) OTF-930 (日本語)

- 製品マニュアル -

製品マニュアルは、こちらからダウンロード頂けます。

- ソフトウェア -

製品ドライブ及びサンプルソフトは、こちらからダウンロード頂けます。

トップフラット形状のマニュアルモデル

OTF-350

透過波長と帯域幅を可変できるマニュアルタイプの光フィルタ

  • 矩形に近いフラットトップかつ急峻なカットオフ、低挿入損失
  • 波長可変範囲: 1530 to 1610 nm(C&L Band)
  • サイドモード抑圧比: 50 dB以上
OTF-350


お問い合わせフォーム

OTF-350は、C&L-Bandの広帯域波長可変範囲を持ち、透過帯域幅はスロープ形状の異なる2つのタイプをラインナップに持つマニュアルタイプのチューナブル光フィルタです。回折格子をベースとしたユニークな高精度可変メカニズムにより、フラットトップな透過フィルタスペクトルと優れた光学特性を実現しております。

    • 中心波長と透過帯域幅をそれぞれ独立に、連続可変可能
    • 波長可変範囲: 1530 to 1610 nm(C&L Band)
    • 矩形に近いフラットトップかつ急峻なカットオフ低挿入損失
    • バンド幅可変範囲: 0.2 to 10.0 nm(標準タイプ)
    • バンド幅可変範囲: 0.1 to 15.0 nm(ワイドタイプ)
    • サイドモード抑圧比: 50 dB以上
Wavelength Tuning
Wavelength Tuning
Bandwidth Tuning
Wavelength Tuning
  • 40 Gb/s、100 Gb/s伝送試験
  • 波長多重された光信号の波長選択
  • 信号光帯域幅に適応したノイズカット
  • Pulse shaping
  • 次世代光波長クロスコネクト信号光のノイズカット

- 製品カタログ -

OTF-350 (English) OTF-350 (日本語)

- 製品マニュアル -

製品マニュアルは、こちらからダウンロード頂けます。

- ソフトウェア -

製品ドライブ及びサンプルソフトは、こちらからダウンロード頂けます。

コンパクトで使い易いマニュアルモデル

OTF-320

80 nmの可変範囲と低損失が特長の手動タイプの光フィルタ

  • ガウシアン形状の波形プロファイル
  • 低PDL / 低PMD
  • 波長表示器付
OTF-320


お問い合わせフォーム

OTF-320は、誘電体多層膜フィルタとリニアスライディング方式を用いた手動の波長可変光フィルタです。用途に合わせた様々な透過特性の光フィルタを最大3枚までカスケード搭載可能です。挿入損失(IL)、偏波依存(PDL)、偏波分散(PMD)特性に優れ、研究開発での利用やシステムへの組込み用途にも適しております。

  • 80 nm手動可変
  • 低PDL / 低PMD
  • 半値幅 0.25 to 3 nmで選択
  • 波長表示器付
  • 波長可変ノブにロック機能付
  • 信号光ノイズカット
  • DWDM伝送システム評価
  • 波長多重された光信号の波長選択などの実験用
  • インコヒーレント光源 の切り出し

- 製品カタログ -

OTF-320 (English)

- 製品マニュアル -

製品マニュアルは、こちらからダウンロード頂けます。

- ソフトウェア -

製品ドライブ及びサンプルソフトは、こちらからダウンロード頂けます。

各種サポート / ダウンロード

各製品情報をご覧いただけます。