Beyond Imaging

SS-OCT用光源

santecは、SS-OCT用の波長掃引光源 High-speed Scanning Laser「HSLシリーズ」を2005年に販売開始以後、170 nm以上という広帯域な波長掃引幅、200 kHz以上という高速な波長掃引速度、 100 mm以上の測定深度を実現する光源を、次々と製品化し、OCT技術の発展をリードして参りました。これらの製品は、医療用のみならず工業用のOCT、さらには形状計測、分光計測、ファイバーセンシングなど多くの分野で応用が拡大しております。製品の性能、品質、そして充実した技術サポートで、OCTのキーデバイスの供給元としてお客様から信頼できるパートナーと認めて頂いていると共に、IEC 60601 や CEマークといった医療規格にも対応しており、世界各国で医療診断器として認可されているOCTにも当社の製品が使われています。

HSL 製品ラインアップ

Model No. Center Wavelength Features Technology
HSL-1 1060 nm Flexible Scan Rate & Range,

Long Coherence Length

Tunable VCSEL
HSL-10 1060 nm High Scan Rate MEMS External Cavity
HSL-20 1310 nm High Scan Rate / Wide Scan Range MEMS External Cavity
HSL-2100 1310 nm Linear Scan / Wide Scan Range Polygon External Cavity

1060nm , Flexible Scan Rate & Range

HSL-1NEW

Tunable VCSEL(Vertical Cavity Surface Emitting Laser)HSL-1 は、santec 独自の MEMS技術 と VCSEL技術 を融合したシングルモード高速波長掃引型レーザーです。電流注入型の VCSEL を用いる事で、シンプルな構成とし、優れた量産性、高い信頼性、高寿命、低消費電力を実現しております。SS-OCTでは光源のコストが課題と言われておりますが、HSL-1 は、半導体プロセスで製造され、シンプルな構成である事から、量産時のコストが低く抑えられます。また性能面でもシングルモードレーザーのために、長いコヒーレンス長、高速スキャン、ノイズフリー、更には掃引速度や帯域を可変出来るなど、SS-OCTにとっては理想的な光源です。

【特徴】
  • 高速スキャン
  • 1060 nmの波長帯
  • 長いコヒーレンス長
  • シングルモードレーザー、ノイズフリー
  • 可変掃引速度、可変帯域
  • 高い量産性
  • OEMパッケージ/カスタム可能
  • USBインターフェース

【主要用途】
  • 網膜イメージング
  • 水浸物のイメージング

【主要特性】
  • 中心波長: 1060 nm
  • 最大出力パワー: ≧ 60 mW
  • スキャンレンジ: ≧ 75 nm (実力値)
  • スキャンレート: 10 – 400 kHz (選択可能)
  • コヒーレンス長: > 100 m (理論値)
HSL-1
Benchtop Model
HSL-1
OEM Model
Tunable VCSELチップ
Tunable VCSEL チップ
時間応答特性
時間応答特性


お問い合わせフォーム

1060nm , High Speed Model

HSL-10

HSL-10は、MEMS技術を用いる事で従来技術よりも小型で、高速スキャンが可能な1060 nm帯の光源です。この波長帯は光が水に吸収されにくく、網膜のイメージングなど、水分を多く含む対象物の測定に適します。santecの独自設計により100 kHzの安定した高速スキャンが可能で、システムと同期するためのスタートトリガーと等周波数間隔でデータをサンプリングするためのK-トリガーを内蔵しております。

【特徴】
  • 1060 nmの波長帯
  • santec独自のMEMS技術
  • 広帯域 & 長いコヒーレンス長
  • K-トリガー内蔵
  • 一方向のスキャン
  • OEMパッケージ / カスタム可能
  • USBインターフェース

【主要用途】
  • 眼底イメージング

【主要特性】
  • 中心波長: 1060 nm
  • 最大出力パワー: ≧ 40 mW
  • スキャンレンジ: ≧ 90 nm
  • スキャンスピード: 100 kHz
  • コヒーレンス長: ≧ 10 mm (実力値)


Bench top model
Benchtop model
OEM model
OEM model
時間応答特性
時間応答特性


お問い合わせフォーム

1310nm , High Speed / Long Imaging Range Model

HSL-20

HSL-20は、MEMS技術を用いる事で従来技術よりも小型で、高速スキャンが可能な1310 nm帯の光源です。この波長帯は、散乱体でも光が深達しやすく、生体組織など散乱体の対象物の測定に適します。santecの独自設計により100 kHzの安定した高速スキャンが可能で、システムと同期するためのスタートトリガーと等周波数間隔でデータをサンプリングするためのk-トリガーを内蔵しております。

【特徴】
  • 1310 nmの波長帯
  • santec独自のMEMS技術
  • 広帯域&長いコヒーレンス長
  • K-トリガー内蔵
  • 一方向のスキャン
  • OEMパッケージ / カスタム可能
  • USBインターフェース

【主要用途】
  • 歯、前眼部、冠動脈、内視鏡イメージング
  • 溶接モニタリング
  • 高速計測が求められるインライン検査
  • 深いイメージングレンジが求められる計測

【主要特性】
  • 中心波長: 1310 nm
  • 最大出力パワー: ≧ 40 mW
  • スキャンレンジ: ≧ 105 nm
  • スキャンスピード: 50 kHz / 100 kHz
  • コヒーレンス長: ≧ 16 mm / ≧ 20 mm (実力値)


Bench top model
Benchtop model
OEM model
OEM model
時間応答特性
時間応答特性


お問い合わせフォーム

1310nm , High Accuracy Model

HSL-2100

HSLシリーズのベストセラー製品であるHSL-2100シリーズは、ポリゴンスキャナを用いた構成です。この光源の特徴は高い再現性と線形性で、データ取得に K-トリガーを必要としないため、システム全体をシンプルに構成する事が可能です。それによりSS-OCTシステムとしての高い信頼性、低コストを実現、産業用のインライン検査などに幅広く使われています。

【特徴】
  • 1310 nmの波長帯
  • 広い波長可変範囲(170 nm)
  • 高い波長掃引線形性、再現性
  • 一般的なデータ収録カードが使用可能
  • OEMパッケージ / カスタム対応可能

【主要用途】
  • 高精度インライン検査
  • ウエハー厚さ、形状計測
  • 高分解能イメージング
  • 低価格SS-OCT

【主要特性】
  • 中心波長: 1310 nm
  • 最大出力パワー: > 20 mW
  • スキャンスピード: 20 kHz
  • スキャンレンジ: ≧ 170 nm
  • コヒーレンス長: ≧ 6 mm(実力値)
Bench top model
Benchtop model
OEM model
OEM model
時間応答特性
時間応答特性


お問い合わせフォーム

各種サポート / ダウンロード

各製品情報をご覧いただけます。