TOP > 株主・投資家情報 > 当社事業のご紹介

Global Perspective

当社事業のご紹介

光部品関連事業

主に光通信関連の研究開発や生産活動に必要不可欠な光部品を開発、製造、販売する事業です。

当社の光部品は、通信キャリアに直接販売されるのではなく、通信キャリアへ伝送装置を納入している会社向けに販売しており、伝送装置に組み込まれて、通信キャリアのもとに納入されます。光ファイバ内を伝搬する光伝送信号強度を監視する「光モニタ」製品、光の強度を適切に管理する「光可変アッテネータ(減衰器)」製品、波長多重信号を分離・合波する「光フィルタ」など、当社コアテクノロジーによるユニークな製品をお客様に提供しております。

光部品
 

光測定器関連事業

主に光通信市場向けの波長可変光源や各種光測定装置を開発、製造、販売する事業です。

光通信関連の製造・研究・開発の際には、様々な強度、波長の光を実際に通すことで実験を重ねる必要があります。当社の「波長可変光源」製品は、主に光通信に用いられる波長帯で、指定の波長の光を発生させる光源装置で、世界中の大学や研究機関、光通信関連の製造会社で利用されております。

波長可変光源

光イメージング・センシング関連事業

一般産業向けに販売するOCT光源及びOCTシステム製品、そして医療現場向けに販売している眼科医療機器を開発、製造、販売する事業です。


OCT光源、OCTシステム製品
光干渉断層画像計(OCT = Optical Coherence Tomography) は、既存の技術では見ることができなかった生態、物質の断層画像を、リアルタイムに、非接触、非破壊で可視化できることから、医療分野での実用化がいち早く進んでいます。そしてその原理は光通信原理と多くの部分が重なっております。当社では、光通信分野で培った技術を応用して、光源、システム製品を開発・製造・販売しており眼科の検査や心臓血管の術後観察などをサポートしております。さらに、この技術を一般産業向けに応用し、工業製品のインライン検査など幅広い分野でご利用いただいております。

 

OCTシステム製品



眼科医療機器(ARGOS®)

一般的に白内障の治療は白濁した水晶体を摘出し、眼内レンズを埋め込むことによって視力を回復させます。ARGOS®(光学式眼内寸法測定装置)は、光通信関連事業で培ったOCT技術をもとに白内障の手術をする際に、眼のデータを正確に素早く計算し、適切な眼内レンズを選定するための医療機器です。適切な眼内レンズを選ぶことは、術後の視力回復にとって大変重要な要件となっています。

movu Logo
 

資料請求・お問い合わせ

ご相談・ご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。