TOP > サポート・保守 > 保守サポートのご案内

Customer First

保守サポートのご案内

校正サービス

皆様により安心して測定器をご使用いただくために、当社測定器は1年に1回の定期校正を推奨しております。
信頼できるメーカー校正を定期的に実施していただくことにより、測定器の信頼性を長期確保することができ、誤った測定による欠陥製品を流出させるリスクを回避することができます。
校正推奨期間の過ぎた製品もしくは校正期限が近づいた製品がお手元にございましたら、是非メーカーである当社にて校正をご検討ください。

メーカー校正の特長

製品の特性が仕様に入っているかの確認検査だけでなく、最適になるよう調整、補正、校正を行います。
調整により故障リスクを低減させ、補正を行うことにより適正仕様が維持され、最適な状態で測定器をご使用いただくことができます。

外部機関校正
メーカー校正

校正サービス対象製品

TSL Series
TSL Series
OTF Series
OTF Series
PEM Series
PEM Series

製品の保守終了時期につきましては、下記リンク先ページにてご確認願います。


販売および保守終了製品

校正/修理作業フロー

校正依頼時

※1  製品お預かり後に校正や修理を辞退されて製品の返却をご希望される場合、パーコール基本料金(¥15,000)を請求させていただきます。

校正料金には校正・補正作業の他に、以下の添付書類の料金が含まれます。
  • 校正ラベル貼り付け
  • 校正証明書(サンプルフォーム:日本語 / English)
  • トレーサビリティ体系図(サンプルフォーム:日本語 / English)
  • 検査成績書
※ 書類の追加発行を希望される場合は別途料金が発生します。製品が破損している、VOIDシールが剥がれている、あるいは当社の承認なしに修理、改造等が行われている場合は、当社の校正及び修理サポートを辞退させていただく事があります。
修理依頼時

※1:測定器製品に関して、製品お預かり後に校正や修理を辞退されて製品の返却をご希望される場合、パーコール基本料金(¥15,000)をご請求させていただきます。

  • 修理料金には校正証明書、トレーサビリティ体系図の料金は含まれません。必要な場合は修理依頼時に営業担当者までご連絡ください。
  • 製品が破損している、VOIDシールが剥がれている、あるいは当社の承認なしに修理、改造等が行われている場合は、当社の修理サポートを辞退させていただく事があります。

輸送する際の注意

各種測定器製品の、輸送時における注意点をご紹介しています。

波長可変光源、測定装置を輸送する際の注意

波長可変光源、測定装置は非常にデリケートな精密光学機器です。製品の納品時に使用されていました段ボール箱および梱包材は、輸送時の衝撃に対して性能維持するための素材を使用しております。適切に梱包されない状態で返送された場合は、性能維持ができない場合がありますので十分にご注意ください。
梱包材料を破損、廃棄してしまった場合や梱包方法が不明な場合は、当社営業までご連絡ください。

梱包手順

製品型番 製品カテゴリ 梱包手順書
TSL-510
TSL-550
TSL-710
波長可変光源

左の製品の梱包手順書を参照して梱包してください。

梱包手順動画

HSL-1000
HSL-1100
HSL-2000
HSL-2100
高速波長スキャニングレーザー
上記以外の製品
(梱包材料がお手元にない場合も)
 

営業までお問い合わせください。

お問い合わせ一覧

電源キー付き製品を輸送する際の注意

下記該当製品を発送する際は、電源キーを挿したままにしないでください。
破損の原因になります。

製品型番 製品カテゴリ
WSL-100
WSL-110
波長可変光源
OTF-950
OTF-930
波長可変フィルタ
PEM-330
PEM-340
偏光消光比モニタ
《 適切な状態 》
《 不適切な状態 》

保守依頼製品の送付に関して

料金・納期につきましては、直接営業担当者までご連絡いただくか、下記のリンク先フォームにご記入の上、ご連絡ください。
※製品をご返送いただく前にも、ご連絡ください。


修理/校正のお問い合わせフォーム

住所 santec株式会社
〒485-0802
愛知県小牧市大草年上坂5823番地
電話番号 0568-79-3536 (営業直通)
 FAX番号  0568-79-1718
宛名 営業担当者名 または 保守担当者

資料請求・お問い合わせ

ご相談・ご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。