1. TOP
  2. ニュース
  3. ニュースリリース
  4. 高感度光学式三次元形状測定器(型式:OPS-1000)を発表

Deliver on the dreams and prosperity

高感度光学式三次元形状測定器(型式:OPS-1000)を発表

製品名:  光学式三次元形状測定器
製品型式: OPS-1000

santec株式会社(本社 愛知県小牧市)は、光学測定器分野で培われた高速波長可変レーザの技術を干渉計測に応用して、世界最高感度の光学式三次元計測器を実用化致しました。本製品はヘテロダイン検波方式により、約100dBという、3次元計測器では世界最高レベル(*)の最小受光感度を実現しております。また、70dB以上の測定ダイナミックレンジを有するため、形状、材料、色、表面状態を問わず、非接触・高速・高精度測定が可能です。

OPS-1000_web.jpg

新製品の特長

    1. 超高感度
    2. 最小受光感度100dB、すなわち照射光に対し1/10^10の光が受光できれば計測できます。また、ダイナミックレンジ70dB、すなわち10^7の受光信号強度の差が有っても同時計測が可能です。
    3. 同軸計測
    4. 同軸計測により、複雑な形状でも容易に測定できます。
    5. 高速測定
    6. 最大40万点/秒の高速測定により製造工程での全数自動検査を可能にします。
    7. 長い測定レンジ
    8. 最長1mと非常に長い測定レンジを有しており、複雑な形状だけでなく大きな凹凸形状も測定可能です。
    9. 外乱光の影響を受けない
    10. 干渉を計測原理として用いているため、外乱光の影響を受けません。太陽の光や照明などの外乱光を気にすることなく測定ができます。

    尚、9月9日から名古屋で開催される「計測・検査・センサ展」の当社ブース#6-70で展示致します。
    (*)製品化されている光学式三次元計測器における最小受光感度(当社調べ2020年8月)

 

santec株式会社について

創業:1979年
業種:光部品・光測定器開発、製造、および販売
株式市場:東京証券取引所 JASDAQ市場(6777)
本社:愛知県小牧市
従業員数:254名
販売子会社:米国(ニュージャージー州)、英国(ロンドン)、中国(上海市)
会社紹介: 1984年に光ファイバ検査装置を世に送り出し、現在では世界中の主要
な通信事業者、伝送装置/サブシステムメーカー、最先端の研究施設や
大学等へ販売実績がある光技術のパイオニア企業である。
WEBサイト:https://www.santec.com/jp/

 

本件お問い合わせ先:
santec株式会社  
愛知県小牧市大草年上坂5823番地
電話番号:0568-79-3536
担当:日本営業グループ