1. TOP
  2. ニュース
  3. ニュースリリース
  4. 「Beyond 5G研究開発促進事業」委託研究 採択について

Deliver on the dreams and prosperity

「Beyond 5G研究開発促進事業」委託研究 採択について


 国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、「NICT」)より公募されていた「Beyond 5G研究開発促進事業」への委託研究に、当社等が応募いたしました提案課題「経済性と転送性能に優れた空間多重光ネットワーク基盤技術の研究開発」(以下、「本研究開発」)が採択され、2021年7月27日付でNICTと委託契約を締結しましたので、お知らせします。

 本研究開発は、国立大学法人香川大学(代表提案者)、株式会社KDDI総合研究所、日本電気株式会社、古河電気工業株式会社、santec株式会社の5者共同で受託します。


1.本研究開発の概要
 本研究開発は、NICTが公募した「Beyond 5G研究開発促進事業」の研究開発課題である「Beyond 5G超大容量無線通信を支える空間多重光ネットワーク・ノード技術の研究開発」を実施するものです。
 Beyond 5Gは、各国で導入が進みつつある第五世代移動通信システム(5G)の次の世代の通信規格として、2030年代の導入が見込まれております。Beyond 5Gは、5Gを更に高度化させ、「超高速・大容量」、「超低遅延」、「超多数同時接続」といった機能を具備することが期待されています。
 Beyond 5G時代のICT社会を支えるためには、ペタビット(注1)級の超大容量伝送が可能な光ネットワークが必要になると予想されております。
 そこで、本研究開発は、既存の波長分割多重方式(WDM:Wavelength Division Multiplexing)の光ネットワークに、大容量な空間分割多重方式(SDM:Space Division Multiplexing)技術を導入し、新たな構造のネットワーク・ノード(注2)システム技術の研究開発を行うものです。
 本研究開発成果により、Beyond 5Gにおける通信需要に対応し、周波数がひっ迫する基地局における電波の効率的な利用を促進することで、電波の有効利用に役立てられます。

2.ご参考
 NICTによる発表内容は、以下のURLをご参照ください。

 「Beyond 5G研究開発促進事業」に係る令和3年度新規委託研究の公募(第1回)における基幹課題についての結果
  https://www.nict.go.jp/info/topics/2021/07/05-1.html
 「提案者:サンテック株式会社」はsantec株式会社 (登記社名:サンテック株式会社)です。

  研究概要図
  https://www2.nict.go.jp/commission/B5Gsokushin/B5G_keikaku/r03/B5G_002_keikaku_g.pdf

(注1)ペタビット(petabit)とは、データ量の単位の一つです。1ぺタビットは1,000兆ビットに相当します。
(注2)ノードとは、ネットワークにおいて通信信号が集中・分岐する交差点を指します。


以上